体の中から美しく、漢方養生家族は一人一人の体質、体調に合わせて使うことが特徴とし、漢方や薬膳を用います。
     



メタボ対策は
メタボ対策は、生活習慣の見直しを中医学、西洋医学の立場から、その予防と治療法が あります。中医学の智恵で体質別に食養生、体質にあった薬茶、漢方薬。肥満度、体重 コレステロールなど西洋医学で数値で管理が大切です。



メタボは肥満は老化の印、体質別に改善
肥満の弊害についての対策は、生活習慣病の見直しが、その予防と治療の第一歩です。 決め手は、タイプ別に食養生+運動。
そして中医学(漢方)による、体質別の養生法が体調を整えて、たまりすぎた脂肪の分解、 代謝を促進します。
減量するにはタイプ別に適度な食事コントロールと運動の組み合わせが最も効果的のようです。


ほてるタイプ、冷えるタイプ
中医学(漢方)のメタボ対策は、タイプ別に対応します。
からだの体質、ほてるタイプ、冷えるタイプでは治療、養生法が異なり、さらに腎虚(老化)が加わると、 メタボも老化、体質別の対策の必要性をかんじます。
このように中医学のメタボ対策は体質を重視します。


血液さらさら、体質別に対策
中医学(漢方)のメタボ対策に、体内の血液が停滞する「オ血」があります。オ血もやはりタイプ別に対応が必要です。
血液がサラサラなら、メタボの原因「脂肪肝、血脂(コレステロール)、痰湿(ヘドロ)」、 状態の改善など、血液サラサら総合療法がメタボ改善のポイントです。
漢方
川那辺薬品ホームページTOPへ戻る

©2007 Copyright KawanabeYakuhin, All Rights Reserved.